不労所得年200万を作るためのブログ

サラリーマンが資産運用によってお金の入り口を増やすために奮闘します。

絶好の買い場到来!!でもやり過ぎは禁物だよ

どうも、アイクです😆

 

連日コロナウイルスの影響から株価の大幅下落が続いておりますが如何お過ごしでしょうか?

 

私が積み立ててきたインデックスファンドも一時は+13%を超えていたのにそこから約1割も下落してしまいました。


f:id:u-n-yo:20200228063523j:image

 

読者の中にはあまりの資産の目減りに怖くて眠れなくなっているかもしれませんね💦

そこで今回は市場暴落時のメンタルのあり方についてお話しようと思います。

 

投資は余剰資金で行う

暴落時にドキドキして眠れなくなる原因の一つは、無くなったら困る(これからの生活に支障が出る)お金で運用している場合があります。

 

私も含めて無くなっても良いお金を持っている人は一人もいないとは思いますが、長期的にコツコツと資産を構築している個人投資家の多くは生活防衛費をしっかりと確保した上で投資しています。

 

生活防衛費をいくら確保しておくかは人によって異なりますが、少なくとも月々の生活費すら確保できていない状態での資産運用は絶対にしてはいけません。

 

一時的にでも減らすわけにいかないお金での資産運用は、暴落時に適切な対応(下落理由の分析)が出来ずに正しい判断が行なえません。

 

結果として損切りして資産を減らしてしまったり、最悪の場合はレバレッジをかけた取引のロスカットで返せない額の借金を背負う可能性が出てきます。

 

将来の豊かな生活のために資産運用をする事はとても大切ですが、目の前の人生も大切にして地に足ついた資産運用を心掛けましょう。

 

生活防衛費について - 不労所得年200万を作るためのブログ

 

暴落はバーゲンセールと同じ

私はセールというものが大好きです😍

 

何故なら同じ物が普段よりも安く買えるので、同じ効果をよりお得に手にする事が出来るからです。

 

同じ事が今の相場にも言えます。


f:id:u-n-yo:20200228221822j:image

 

コロナウイルス等の影響から24000円から21000円と12%も下落しています。

 

凄まじい大暴落である事に疑いの余地はありませんね。

 

生活防衛費を確保していない投資家は、ここで買い増す資金がないばかりか、これ以上下がる前にと損切りしてしまいます。

 

対して、生活防衛費を確保している投資家にとっては、買おうと思っていた株式や投資信託が12%オフのバーゲンセールを開催しているわけですから絶好の買い場となります。

 

インデックス投資の仕込み時ですよ〜 - 不労所得年200万を作るためのブログ

 

含み損は子供に相続させちゃおう

暴落がバーゲンセールなのは分かったけど、そのまま価格が戻らなかったら結局損するんじゃ、、、

 

そのように考える方は必ずいるでしょう。

 

これについては、たしかに二度と価格が戻らない可能性はあります。

 

そういうリスクを負う代わりに、私達は銀行金利の何百倍もの利回りを得ることが出来るのです。

 

そのリスクを負えないなら資産運用をするべきではありません。

 

しかし、資本主義が存続する限り世界という単位で見れば経済成長は継続し、株価は高くなる可能性が高いです(リーマンショック時ですら年間2〜3%の成長率)。

 

ですが、もしも完全に余剰資金で資産運用を行っていたのならば、仮に莫大な含み損を抱えていたとしても生活には困りませんので、そのまま塩漬けして子供への遺産にしてあげましょう😄

 

相続資産が3千+6百×相続人(万円)以下であれば相続税は掛からないし、いざとなれば売却してお金に替えるのも用意ですからね。

 

投資の期間を自分が死ぬまででなく未来永劫続けるものと考えると、いつかは値も戻りますし、ドルコスト平均法で積立続ければ何れはプラス域になる筈です💰

 

家族でお金の勉強が必須になる

子供や配偶者に相続した時、相続人が大金を正しく運用出来るかはマネーリテラシーの有無が大きく影響します。

 

長い道のりになるとは思いますが、地道に取り組んで一族を繁栄に導きましょう😄

 

夏休みは家族でお金の勉強を - 不労所得年200万を作るためのブログ

 

それでは皆で脱ラットレースを目指して頑張りましょう\(^o^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村