不労所得年200万を作るためのブログ

サラリーマンが資産運用によってお金の入り口を増やすために奮闘します。

投資が未来の雇用問題も解決する!?

どうも、アイクです😆

 

老後2000万問題が表面化してからというもの、定年延長等より長く働けるようにするための取り組みが実施されています。

 

そんな中で、大手企業では45歳前後の中堅社員の大規模リストラが行われるなど、民間企業は国の取り組みに逆行するような状況となっています。

ついに始まった45歳以上の大量リストラ。中産階級の消滅で日本経済は壊滅へ=今市太郎 | マネーボイス

 

今回は定年延長による影響とそれを防ぐ方法について考えてみました。

 

 

就職氷河期再来か!?

今は中高年社員の首切りで済んでいますが、定年延長して働く事が常態化した場合、何れは若手社員の採用も絞る事になる筈です。

 

何故なら、会社を運営するために必要な人数は限られたものであり、今までは退職していた人が残るという事は必然的に新たに入社させる人数を減らすしかないからです。

 

皆が働きたがる大企業のパイは直ぐに埋まってしまい、かつ枠が空かないわけなので今後は今まで以上に就活が厳しいものになると考えられます。

 

不労所得があれば定年延長は必要ない

定年延長を希望するサラリーマンの多くは、老後の資金を確保できない事を危惧しています。

 

彼らはサラリー(給料)以外に収入を得る方法を知らないため、生きるためには働き続けるしかないと思いこんでいるのです。

 

世の中には雇われて収入を得る以外に収入を得る方法はたくさんあります。

 

特に、資産運用による不労所得の構築ならスマホさえあれば実は誰にでも可能なのです。

 

私が実践しているトラリピなら、安定して月利1%前後のお金を生み出す事が十分可能です。

トラリピ君を雇いました😆 - 不労所得年200万を作るためのブログ

 

仮に、60歳時点で退職金と合わせて1000万円の資産を築けたとしましょう。

 

月利1%の利益が得られるということは、1000万円を元本としてトラリピをする事で、毎月10万の不労所得を得られるという事です。

 

年金の受取を60歳に早めた場合、受取額が約3割の減額となりますから、年間120万ほど受け取れる方なら、毎月7万円の受け取りとなります。

 

トラリピの不労所得10万と合わせる事で毎月17万円を生活費に当てる事が可能になります。

 

資産が少ないなら生活レベルを下げよう

上記のシミュレーションで、老後の生活レベルを下げて毎月15万程度で生活すれば、年間24万円余ります。

 

それを更にトラリピや他の投資信託で運用すれば、更に不労所得が増えるため、定年延長などせずとも段々と生活が楽になっていきます。

 

仮にこの生活を80歳まで続けた場合、60歳時点で1000万しかなかった資産は2380万円になります。

 

会社の退職金制度や福利厚生の確認を

60歳時点で1000万あればなんとか生活出来る事は分かったかと思いますが、そもそも退職金が無い会社も世の中にはあります。

 

因みに5年間奉公した私の前職は餞別名目で5000円も貰えました(笑)

 

まともな会社であれば、経理担当の社員に退職金制度について聞いてみても良いかもしれませんね。

 

その上でキャッシュフロー表を作成して、60歳までに1000万貯められるのか確認してみましょう。

【無料】キャッシュフロー表を公開します - 不労所得年200万を作るためのブログ

 

自分の家計は何か対策を講じる必要があるのか、このままいけば達成出来るのか、それが分かるだけでも全然違うものですよ👍

 

企業の新陳代謝を正常化して若者の雇用を守ろう

人の体は、古くなった物質を排出して、常に新しいもの取り込もうとします。

 

また、古い細胞等がいつまでも居座ると体調を崩したり、癌になったりします。

 

企業もそれと同じであると私は考えています。

 

年を取った従業員は新たな技術や知識を吸収する事能力は、どうしても若い従業員に劣ります。

 

今後、定年延長して年を取った従業員ばかりになった会社は、技術革新について行けずに競争力を落としてしまうでしょう。

 

今後の経済成長のためにも、企業の運営は脂の乗った30〜50代に任せて60歳になった方は若者に経験と知識を継承して現役を引退するというサイクルは維持すべきです。

 

そのためにも、各人が資産運用による不労所得を構築して安心と自由を手に入れる必要があります。

 

このブログがその一助となる事を願っております。

 

それでは皆で脱ラットレースを目指して頑張りましょう\(^o^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村