不労所得年200万を作るためのブログ

サラリーマンが資産運用によってお金の入り口を増やすために奮闘します。

ペソ円トラリピを半年やって思うこと

どうも、アイクです😆

 

私の個人投資家歴も後一月で1年になります😄

 

成功したり失敗したりしてきましたが、その中でも今日はトラリピに焦点を当ててみました。

 

 

高いスワップポイントが利益を押し上げた

こちらは、私がトラリピを始めてから今までの損益報告書になります。
f:id:u-n-yo:20191201141651j:image

 

マネースクエアの公式サイトで直ぐにダウンロード出来ますので、一年の振り返りに見てみるのも面白いですよ😄

 

初めは試行錯誤しながらやっていたので売買損益が半端な数字ですが、今のやり方に落ち着いてからは大体25〜30回くらい決済しています。

 

それだけですと報告書にもあるように17,280円の利益にしかなりません。

 

年利にすると10%程ですね💰

正直十分なんですけど、トラリピの場合はある程度値動きがないは全く決済されないで塩漬けの状態になります。

【トラリピ】初心者にハーフ&ハーフを推奨しない理由 - 不労所得年200万を作るためのブログ

 

つまり、この年利10%は事前に計算する事が出来ないのです。

 

しかし、メキシコペソにはスワップポイントという強い味方がいます😄

 

現時点で、未決済のスワップポイントが11,500円程あります。

 

つまり、スワップポイントだけで約19,000円の利益を上げているわけです💰

 

売買差益よりもスワップポイントの方が大きくなっていますね🤔

 

また、スワップポイントは政策金利が変わらない限りそう大きくは変動しないため、ある程度事前に計算する事が出来ます。

 

このスワップポイントと売買差益の組み合わせにより、私の2019年トラリピは年利約20%で推移しています。

 

マネースクエア

トラリピよりもスワップ投資の方が良いんじゃないの?

上記を読んで見出しのように感じた方もいると思います。

 

確かに売買差益よりもスワップポイントの方が利益を上げている事実をみるとそう思うのも無理ないでしょう。

 

しかし、私はそれでもトラリピの方が優秀だと考えています。

 

何故なら、長期投資する上で最も重要なことは市場から退場しない事だからです。

 

トラリピは細かく決済してくれるので、大暴落時にも買い戻しによる一時的な円安の際に少しでも決済してくれれば、その分だけロスカットレートが下がります。

 

ロスカットレートが下がればそれだけ市場に残れる可能性が高くなります🤔

 

市場に留まってさえいればいずれ値が戻った時に大きな利益となります(そのためにも大暴落した要因を分析する必要はあります)。

 

トラリピとスワップ投資を同時並行は有りか?

それでもやはりある程度計算できる収益というのは心強いものです。

 

そこで、今後はトラリピを継続しつつスワップ投資の機会を伺うというを検討しようと思います😄

 

なぜ検討かというと、単純に今のメキシコペソが高価格帯で推移しており、スワップ投資にとってマイナス要素となるからです。

 

仮に下記の条件でスワップ投資をする場合このようになります。

 

元本:30万

ロスカットレート:4.3円

スワップポイント:14円

 

5.6円でに始める場合

通貨量:19万通貨

1年あたりのスワップ:97,090円

年利:32.4%

 

今年最安値圏である5.2円の場合

通貨量:27万通貨

1年あたりのスワップ:137,970

年利:45.9%

 

いつ始めるかでこれだけの差が出ます😱

 

また、5.6円はここ1年間の推移をみるとかなり高値になりますので、為替差益が含み損になる可能性が高く、その分トータル利益が圧迫されてしまいます。

 

よって、しばらくはのんびりとトラリピを強化しつつ、スワップ投資の準備を進める形になると思います。

不労所得が得られる投資について - 不労所得年200万を作るためのブログ

 

スワップ投資をするならFX業者選びが最重要

スワップポイントは2国間の金利差で決まりますが、実際にいくら投資家に払うかは各FX業者で異なります。

 

12/1現在ですと、トラリピは10円であるのに対して、Light Fxでは14円も貰えます。

 

また、各社の戦略で適宜変化しますので、様々なFx業者で事前に口座開設を行い、1番スワップポイントが高い業者に移るのがオススメです。

 

トレイダーズ証券【LIGHT FX】

開始のチャンスは意外と直ぐ近くに!?

トランプ大統領が香港人権法に署名した事で中国は激怒し、報復措置を警告しています。

 

アメリカが舵取りを誤った場合、今まで進めてきた米中貿易交渉は白紙に戻る可能性すらあります。

 

そうなれば再び株式市場は大暴落、為替市場も安全通貨である円に逃げるため、急激な円高ペソ安になる可能性があります。

 

もし短期的にトレードしている米国株があるなら、一度決済してスワップ投資の資金にするのも悪くないかもしれませんね👍

 

Twitter始めました😆

 

更新のお知らせや速報など呟きます👍

 

宜しければフォローお願いします😄

 

それでは皆で脱ラットレースを目指して頑張りましょう\(^o^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村