不労所得年200万を作るためのブログ

サラリーマンが資産運用によってお金の入り口を増やすために奮闘します。

【ショック・・・でもない?】日本の年金の評価は先進国で最下層

どうも、アイクです😆

 

先日、アメリカのコンサルティング会社が各国の年金制度を発表しました。

世界の年金システムをランク付け-オランダ1位、日本31位 - Bloomberg

 

世界的に見ても日本の年金制度は問題だらけ!?

世界人口の2/3を占める40カ国を順位付けしたところ、日本は31位でした💦

 

様々な視点から評価して決定している訳ですが、日本の場合は特に「持続性」の項目について評価が低いようです。

 

減額されたり、受給開始を遅らせようとしていたり、我々日本人も感覚的に気付いていたところでもあると思います。

 

日本でも既に検討されていますが、受給開始を遅らせる政策が必要との見方が強いようです。

 

上位に入った国は全体的に税金の高い国が多く、所謂高福祉高負担な政策を採用しています。

 

日本は国民健康保険制度や生活保護等、福祉面がかなり手厚い割に消費税は10%程度であったりと国民の負担が軽い(新たな税金を徴収したりしているので、一概には言えませんが)です。

 

そのため、増え続ける社会保障費の財源確保等、その持続性に問題が出ています。

 

帰化していない外国人の生活保護費等に言及すると、このブログの趣旨から外れてしまいますので(笑)自助努力について考えてみましょう😄

 

年金の3階建て部分を強化しよう

日本の年金制度は基本的に国民年金と厚生年金(自営業などの方は国民年金基金)の2階建てがメインでした。

 

しかし、近年の情勢では受給開始年齢が引き上げられる事はほぼ間違いありませんし、受給額の引き下げもあるかもしれません。

 

そこで、1、2階建部分が心許ない分を補強するために3階部分の年金制度が新設されました。

 

皆さんご存知、個人型確定拠出年金(iDeCo)です。

 

iDeCoなら老後資金の確保と節税が同時に行えます。

 

iDeCoを活用して、老後資金に厚みを持たせましょう😄

30代の独身or子無し夫婦に積立NISAとiDeCoがおすすめな理由💰 - 不労所得年200万を作るためのブログ

 

家計に不安があるなら積立NISAも

iDeCoの唯一の欠点は途中で引き出せない事です。

 

とは言っても積立をストップする事も出来ますので、年金保険等と比べると遥かに良心的です。

 

詳しくはこちらをご覧ください

年金保険よりiDeCoの方が圧倒的に優れている理由 - 不労所得年200万を作るためのブログ

 

どうしても家計が不安だという方には積立NISAがオススメです。

 

積立NISAにはiDeCoのような積立金に対する所得控除はありませんが、必要な時はいつでも投資信託を売却して引き出す事が出来ます。

 

所得控除の分だけ、iDeCoよりも利益が少なくなりますが、流動性の高い資産がある事は資産が少ない家計にとって心の支えとなるでしょう👍

 

若い人は年金は無いものと思って不労所得の構築を

年金制度がどんなに改悪されたとしても無くなることはまず考えられません。

 

しかし、常に先を見越して備えておけば、アーリーリタイアやセミリタイア等、人生の選択肢を増やす事が出来ると私は考えます。

 

生きていく上で十分な金額の不労所得を安定して得られる環境を構築するには数千万もの元本を作る必要があります。

 

途方もない金額に思えますが、何十年という時間をかければ決して不可能ではありません。

 

自分の家計とライフプランを見直して元本を作るための行動を起こしましょう👍

SPYD(高配当米国株式ETF)と米国株配当貴族はどちらが有利なのか - 不労所得年200万を作るためのブログ

【無料】キャッシュフロー表を公開します - 不労所得年200万を作るためのブログ

Twitter始めました😆

 

 

 

更新のお知らせや速報など呟きます👍

 

宜しければフォローお願いします😄

 

それでは皆で脱ラットレースを目指して頑張りましょう\(^o^)/

 

PVアクセスランキング にほんブログ村