不労所得年200万を作るためのブログ

サラリーマンが資産運用によってお金の入り口を増やすために奮闘します。

【リスク低】老後資金で資産運用を始めるなら

どうも、アイクです😆

 

定年間際の読者の方々は資産形成は順調ですか?

 

60代の貯蓄0の割合は約30%にも登るそうです💦

 

所謂貧困層の場合、本当にその日の生活に一杯一杯で資産運用なんて出来ないという方もいらっしゃると思いますので、そういった方はセーフティネットとして生活保護等を大いに活用して下さい。

 

今回の記事では定年まで投資した事がなく、貯蓄もそんなにない方が少しでも安定した老後を過ごす方法について考えてみました。

 

年金を少しでも繰り下げ受給する方法を考える

貯蓄の少ない方は生活費を賄うために一刻も早く年金を受給したいところでしょうが少し待って下さい。

 

年金は65歳を基準に、受給開始時期を1年繰り下げる毎に受給額が増え、75歳で受給すれば1.8倍にもなります。

 

75歳まで耐えなくとも毎年増額されていきますので、できるとこまで繰り下げればいいのです。

 

具体的にどうするかというと、貯蓄がない方は働くのが最も低リスクです。

 

定年退職して悠々自適に老後を過ごしたい方は現役時代にしっかり節約と運用をして資産を増やしておきましょう😄

 

低リスクな資産運用で少しでも資産を延命しよう

では、働く以外に出来ることは何でしょう🤔

 

貯金0で退職してる場合は働くか保護を受けるしかないので、仮に60歳時点で退職金込で1000万円を持っているとします。

 

債権やREIT、金等幅広く分散投資すれば3%程度の安定収支を得ることは然程難しくありません。

 

また、これらの金融商品は株式やFXと比べて低リスクであるため、資産を十分に蓄えた投資家であっても老後はこれらへの投資がメインに据えることをおすすめします。

 

節約と少しの労働と資産運用が合わされば少ない資産でも何とかなる

 

また、同時にしっかりと節約して年間の支出を抑えることも大切です。

 

仮に年間支出を150万円とすると、利率3%の資産運用を合わせて行うことで7年間資産を延命できます。

 

更に、無理なく仕事をして年間80万稼ぐ事が出来れば75歳まで資産が延命できます。

 

そこからは年金が基準額の1.8倍になるため、安心して余生を過ごす事が出来るでしょう😄

 

税金を滞納している方は少しずつでも払っていきましょう

今まで書いた方法が成り立つためには国民年金と厚生年金が十分に支給されるだけの税金を納めている必要があります。

 

また、税金を滞納していると将来の年金だけでなく、障害者年金等の受給資格も無くなるため、もしも今何らかの事故で障害を負ったときに予想以上のダメージを受ける可能性があります。

 

おまけに滞納した場合、延滞金を無駄に払わされたり、最悪の場合、預貯金が差し押さえられる可能性もあるためどうしても払えない人は免除の申請をしましょう。

 

老後2000万問題が発覚してから唐突に老後が不安になった方も多いでしょうが、このように様々な方法を組み合わせる事で2000万円を貯められなくとも何とか生活する事は可能です。

 

定年間近で資産形成が間に合わないという方は一度視野を広げて、少しでも豊かな老後を過ごすための方策を考えてみましょう😄

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

Twitter始めました😆

 

 

 

更新のお知らせや速報など呟きます👍

 

宜しければフォローお願いします😄

 

それでは皆で脱ラットレースを目指して頑張りましょう\(^o^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村