不労所得年200万を作るためのブログ

サラリーマンが資産運用によってお金の入り口を増やすために奮闘します。

利回り4%ポートフォリオの作り方

どうも、アイクです😆

 

先日、FIREムーブメント達成後は4%ルールに沿って生活すれば良いという旨の記事を書きました。

 

【夢のまた夢】FIRE経済的独立と早期退職への道のり - 不労所得年200万を作るためのブログ

 

そこで今回は具体的に4%以上の利回りを安定して、そして裁量が不要な形で得る方法を考察してみました。

 

 

年を取ると日々の管理や正しい判断が難しくなる

これは70歳以上になったときの話です。

 

私の場合、今から40年後ですね。

 

その時の世界がどうなっているかは分かりませんが、いつの世も同じように、年寄りの私は新しいサービスをどう扱えばいいか分からず途方に暮れていることでしょう。

 

体力も低下したり病院で長期入院中かもしれません。

 

そんな中で自分の資産を今まで同様に管理し、4%だけ売却するのは意外と骨が折れるものです。

 

したがって、老後資産として一生安泰なポートフォリオを組むなら資産の管理に関する手間は可能な限り少なくなるよう努力すべきです。

 

その上で利回り4%を安定して達成するよう組む必要があります。

 

自動売買、配当金の不労所得で老後資産を作る

上の条件をクリアする金融商品は現状では自動売買系、そして株式の配当金になるかと思います。

 

自動売買はトラリピ、配当金については個別株よりも高配当ETFへの積み立てがおすすめです。

 

スワップ投資も、一見管理が不要に思えますが、2国間の金利差からスワップポイントが決まるため常に変動するリスクがあり、しかもマイナスに転じる可能性も小さくないため、歳をとっても続けるのはおすすめしません。

 

自動売買の中でトラリピをオススメする理由は、マネースクエアがその仕組みに対して特許を取得しているためです。

 

他の自動売買業者は、遠い未来に特許侵害でサービスが停止する可能性があります(かなり薄いとは思いますが💦)。

 

死ぬまで運用する事を考えると、サービスの安定性も視野に入れた方が良いでしょう。

 

高配当ETFを推奨するのも同様の理由です。

 

体力が落ちてくると企業のファンダメンタルズ分析等やってられないですからね。

 

私達の代わりにポートフォリオの組み換えをしてくれるETFは高齢投資家にとってなくてはならない存在となるでしょう。

 

不動産投資は不定期に大きな負担が掛かるのでおすすめしません

相当な資産があるなら別ですが、7500万程度の運用に不動産投資は不向きと考えます。

 

何故なら、不動産等の実物資産は天災リスクや空室リスク等、不定期かつ規模が読めないリスクが多く、その対処には多大な労力が掛かるためです。

 

しかも、不動産投資の場合、7500万の運用資産では分散投資が出来ません。

 

アパートの1棟や2棟だけで資産運用するのは分散投資の観点から問題があると考えます。

 

そういった点からも、仮に不動産投資を行うならREIT等への投資の方がまだ懸命でしょう。

 

自動売買1に対して配当金6.5で年間300万

では具体的に7500万をどう振り分ければ良いか考えてみましょう。

 

私が実践している中で、トラリピは安定して月利1~2%程の利益を出しています。

https://www.u-n-yo.work/entry/2019/10/13/年利20%ペース!!MXN/JPYトラリピの実力

 

しかも含み益ではなく引き出し可能な確定利益を生み出すので、正しく不労所得となります。

 

また、通貨だけでは分散が弱いため株式にも投資します。

 

さらに個別株ではなく広く分散された投資信託やETFに投資しましょう。

 

ここで気をつけたいのは分配金ではなく配当金が出るものに投資する事です。

 

分配金を出す投資信託にはただ元本を取り崩して分配しているものが多いからです。

 

SPYD(高配当米国株式ETF)と米国株配当貴族はどちらが有利なのか - 不労所得年200万を作るためのブログ

こちらの高配当米国株式ETFは利回りの高い上位80社で構成されているため、今後も高い利回りが期待できます。

 

ただ、個人的にこれから半世紀もの間ずっと米国が世界のトップを走り続けるかについては懐疑的な部分があります。

 

出来れば多少利回りが下がろうとも、同じような手数料(0.07%)で世界中に分散されたETFに投資したいところです。

 

上記ETFの利回りを3%、トラリピの利回りを年10%と想定すると、7500万の資産をETFに6500万、トラリピに1000万振り分ければ年間300万を達成する事が出来ます。

 

金融商品のアップデートには常にアンテナを張ろう

ある意味、企業の分析よりも重要かもしれません。

 

暗号通貨大手ETFのステーブルコインなら預けるだけで年利10%の金利を受け取れるみたいです。

 

このように、今後も様々な金融商品が誕生しては消えていくでしょう。

 

若いうちはそういったものにしっかりとアンテナを張って、少しでも早く7500万以上の資産を形成出来るよう日々精進する事がこれからは求められます。

 

私達の安定した老後と少しでも早いFIREムーブメントのために一緒に頑張っていきましょう👍

 

Twitter始めました😆

 

 

 

更新のお知らせや速報など呟きます👍

 

宜しければフォローお願いします😄

 

それでは皆で脱ラットレースを目指して頑張りましょう\(^o^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村