不労所得年200万を作るためのブログ

サラリーマンが資産運用によってお金の入り口を増やすために奮闘します。

10月から増税するけど、還元された分は全額投資してみよう

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

どうも、アイクです😆

 

10月から消費税の増税がスタートします。

 

しかし、その代わりポイント還元や小さいお子さんのいる家庭では幼稚園の無料化等、還元される新制度も各種スタートしています。

 

ポイント還元はともかく、幼稚園の無料化等は今までの児童手当で苦しいながらもなんとかできていた人にとっては余剰金にほかなりません(異論は当然あると思います💦)。

 

そんな人は初めから無かったと思って全額投資してみましょう。

 

幼稚園の無料化は、今まで児童手当を貰えなかった人にも恩恵がある

児童手当には所得制限が設けられており、ある程度の所得(扶養家族の人数などでも変わるため、一概には言えません)を超えると給付されなくなっていました。

 

しかし、消費税増税に伴う幼児教育・保育の無償化は給付額に上限はありますが、3〜5歳の分については所得制限はありません。

 

なので、今まで貰えなかった家庭や給付額が増えた家庭は是非無かったものと考えて投資に回してみましょう。

 

投資は無くなってもいいお金で行うのが鉄則

実際に証券会社の口座を開設した方は分かると思いますが、開設する時に投資に使用するお金が余剰金なのか生活費なのか選択する場面があります。

 

私はいつも余剰金にしているので生活費にした場合に開設を断られるのかは分かりませんが、そんな選択肢が用意されるくらい、余剰金で投資をするというのは個人投資家にとって大切なのです。

 

余剰金とはなくても困らないお金の事です。

 

今まで無かった給付金なんて、余剰金の最たるものですよね😄

 

余剰金を使わないのは貯蓄の基本でもある

貯蓄を頑張っているブログでも見かけると思いますが、余ったお金を使ってしまっては意味がありません。

 

余剰金はどんな形でも良いので貯めていきましょう。

 

複利の力を利用して資金形成を加速させよ

無くなって良いとは言いませんが、無くなっても困らないお金は積極的に運用に回していきましょう。

 

毎月1万円を年利5%で積み立てた場合、30年で360万円が818万円になります。

 

増税が無ければ得られなかった360万円が2倍以上になるのです。

 

しかも、年利5%というのは決して難しい話ではありません。

 

私が行っているメキシコペソのトラリピなら年利10%は堅いと考えています。

 

そこにつみたてNISAやiDeCoも合わせる事でより確実に年利5%をクリアする事が出来るはずです。

 

この機会に元々無かったお金で市場に参加してみましょう(こうやって格差は広がるんだろうな笑)。

 

Twitter始めました😆

 

更新のお知らせや速報など呟きます👍

 

 

 

 

 

現在フォロワー193人

 

宜しければフォローお願いします😄

 

それでは皆で脱ラットレースを目指して頑張りましょう\(^o^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村