不労所得年200万を作るためのブログ

サラリーマンが資産運用によってお金の入り口を増やすために奮闘します。

年に一度はリバランスを行おう

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

どうも、アイクです😆

 

分散投資をする上で欠かせないリバランスという行為についてです。

 

 

リバランスとは崩れたポートフォリオを調整すること

 

例えば下記のようなポートフォリオで投資していたとします

  • 国内債権 25%
  • 国内株式 25%
  • 外国債権 25%
  • 外国株式 25%

 

ある日、日本でイノベーションが起きて経済がものすごく盛り上がってそれに伴って債権の価格が下がったとします。

 

そして、日本のイノベーションに引っ張られて外国の経済にも良い影響が出ると皆が債権を買わなくなるので価格が下落しました。

 

そしてポートフォリオを見てみると

  • 国内債権 10%
  • 国内株式 40%
  • 外国債権 20%
  • 外国株式 30%

このようになっていました。

 

このように崩れた比率を元に戻すために株式を売って債権を買い増す行為をリバランスといいます。

 

大きく儲かる商品は大きく損もする

何故まだ儲かるかもしれない株式を売って損失が出ている債権を買わなければならないのか。

 

それは投資におけるリスクとは振り子のようなものだからです。

 

つまり大きく儲かった商品はある日同じくらい損失を出す可能性を秘めているという事です。

 

例を上げてみます

 

急激に景気が良くなるとバブルになってしまうため、国は金利を上げることで実体経済よりも良くなりすぎないように調整するのが通常です。

 

そして利上げが行われると、企業は銀行からお金を借りづらくなるため、成長が鈍り、結果的に株価が下がります。

 

よって、先程急激に儲かった株価が下がって結局元の数値くらいまで落ちてくる可能性が高いのです。

 

もし利上げによる調整に失敗したら、それこそバブルが崩壊して更に損失を被る可能性すらあります💦

 

よって、儲かっているうちにある程度は利益確定して、価格の下がっている債券に資産を移しておく必要があるのです。

 

投資の基本は安く買って高く売ること

投資というか商売の基本ですね。

 

上にも書いたように、リバランスを行う時は利益の出ているものを売って、そのお金で価格が下がっているものを買う訳ですから、自然と商売の基本を実践できる訳です🤔

 

バランス型のファンドなら勝手にリバランスをしてくれる

 

私も利用しているのですが

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 

 

というインデックスファンドは定期的に投資資産をリバランスしてくれるので、非常に管理が楽です。

 

というよりやる事がないです笑

 

私は、このファンドを軸に自分なりの経済予想から株式の比率が上がるように他のインデックスファンドにも投資しているので、そのうちリバランスをする事になります。

 

バランス型ファンドを使うよりも一つ一つ管理するほうが有利

 

私はバランス型ファンドを利用していますが、これから始める方は8資産それぞれのインデックスファンドでポートフォリオを組む事をおすすめします。

 

何故なら、バランスファンドですと手数料が約1.5倍になるからです。

 

将来的に投資資産が1000万クラスになったら手数料だけで年5000円程変わってきます。

 

この差をどう感じるかは人それぞれでしょうが、避けられる損失は避けた方が良いのかなとも思います。

 

私は、積立NISAとiDeCoでしか投資信託は買っていないので、通常のリバランスができないためこのまま継続してもいいかななんて思ってるんですが、正直ちょっぴり後悔してます😅

 

投資信託を購入するならネット証券一択

どこで口座を開くかですが、ネット証券の方が商品の質や手数料面で有利に立てます。

 

特に、NISA口座やiDeCo口座は1人1つしか持てない上に他の銀行に移管する手続きが面倒なので、よく考えて作りましょう。

 

ネット証券の大手なら何処でも特に問題はありませんが笑

 

アイクの利用している証券会社です。

参考にどうぞ

 

 

SBI証券

 

それでは皆で脱ラットレースを目指して頑張りましょう\(^o^)/

PVアクセスランキング にほんブログ村