不労所得年200万を作るためのブログ

サラリーマンが資産運用によってお金の入り口を増やすために奮闘します。

私のトラリピ設定メキシコペソver.

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村



どうも、アイクです😆

 

前回に引き続きトラリピの記事になります。

 

 

1.通貨ペアの選び方

マネースクエアでは現在、以下の通貨ペアで取引できます。

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ポンド/円
  • オーストラリアドル/円
  • ニュージーランドドル/円
  • カナダドル/円
  • トルコリラ/円
  • メキシコペソ/円
  • 南アフリカランド/円
  • ユーロ/米ドル
  • ニュージーランドドル/米ドル
  • オーストラリアドル/米ドル

以上の12ペアになります💦

 

通貨ペアを選ぶ際に確認するポイントは

  1. レンジ相場を形成しているか
  2. 過去最低(高)価格はいくらか
  3. スワップポイントはどうなっているか

これをまず確認します

 

1.1レンジ相場とは

こんなチャートを見た事はありませんか?


f:id:u-n-yo:20190613223934j:image

こんなふうに一定の範囲内で上がったり下がったりしている相場の事をレンジ相場と言います。

この時の高値と安値の幅の事を、レンジ幅と言います。

 

通貨ペアになっているどちらの国も、自国の通貨価値が適正になるように様々な政策や外交努力を重ねています。

 

そうすると、通貨ペアの価値は、上がり過ぎたら下がり、下がり過ぎたら上がるというのを繰り返して、適正な範囲に収まろうとします。

 

このため、FXにおいてはレンジ相場が全体の7割を占めると言われています。

 

トラリピはレンジ相場を利用して利益を上げるシステムです。

 

 

よって、なるべく設定する段階でレンジ相場を形成している通貨ペアを選びます。

 

私の場合は、過去3年以上レンジ相場を形成している通貨ペアから選びました。

 

1.2過去最低(高)価格はいくら?

トラリピにおいて気をつけるのはロスカットだけです。

 

ロスカットについてはこちら

証拠金取引は怖くない!?🤔 - 不労所得年200万を作るためのブログ

 

そこで、買いからトラリピを仕掛ける場合は、過去にいくらまで価格が下がった事があるかを確認します。(売りから仕掛ける場合は、過去最高値を確認します)

 

そして「トラリピ運用試算表」を使って、その値段でもロスカットしない設定を確認します。

 

もちろん、それ以上に下がる可能性はありますが、未来の事はどうせ分からないので、歴史を振り返ってせめて備えられるものには備えましょう👍

 

1.3スワップポイントも地味に効いてくる

スワップポイントについてはこちら

不労所得が得られる投資について - 不労所得年200万を作るためのブログ

 

トラリピは一気にたくさんの通貨を購入する手法ではありませんが、長期投資前提で考えると、スワップポイントも無視出来ません。

 

スワップポイントは各通貨ペア毎にバラバラで、買いでプラスになるものもあればマイナスになるものもあります。

 

マネースクエアでは、スワップカレンダーで通貨毎のスワップポイントが確認できるので、それによって買いで仕掛けるのか、売りで仕掛けるのか判断します。

(トラリピには両建てやハーフ&ハーフといった設定のテクニックがあるのですが、これはまた後日解説します)

 

2.私がメキシコペソを選んだわけ

上記3つのチェックポイントから、私はメキシコペソ/円のペアを選択しました。

理由は、以下の通りです

  1. 過去3年間はレンジ相場を形成している
  2. 現時点で過去最低価格付近である
  3. 高スワップポイント

 

2.1過去3年のチャートに注目

こちらはメキシコペソ/円の月足チャートになります。一本のローソクがそれぞれ1ヶ月間の値動きを示しています。


f:id:u-n-yo:20190613231702j:image

これを見ると過去3年は約4.8〜6.5円の幅でレンジ相場を形成していることが分かります。

 

2.2メキシコペソは今が仕掛け時

スワップポイントの記事でも書きましたが、メキシコペソは現在、トランプ大統領の政策に影響されてか、過去最安値付近にいます。

 

そして、現在5.5円辺りなのでロスカットされた時の損失も限定的であると言えます。

詳しくはこちらへ

不労所得が得られる投資について - 不労所得年200万を作るためのブログ

 

2.3高スワップ3兄弟

最近はトルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソの3通貨が、高スワップを利用した積立投資としてよく利用されています(トルコリラはまだ値下がりのトレンドを抜けたとは言い難いので様子見推奨です)

トラリピは基本的に決済されないと利益になりにくいのですが、メキシコペソなら仮に塩漬けになったとしてもスワップを稼いでくれるのです。

 

3.アイクのトラリピ設定

通貨ペアが決まったら、やる事はあと3つです

  1. 投資額を決める
  2. ロスカット値を決める
  3. トラリピ運用試算表で最終的な設定を決定する

 

3.1投資額は余裕資金で

生活防衛費について - 不労所得年200万を作るためのブログ

 

こちらの記事ににも書きましたが、必ず生活防衛費は確保する。若しくは確保する見通しを立ててから投資してください。

 

また、ロスカットしそうになった時に一時的に追加入金する余力を残しておいたほうが、より安心して投資できます。

 

アイクの場合は、トラリピを15万でスタートさせました。

 

3.2ロスカットは過去最低+α

今後の値動きは誰にも分かりませんが、長期に渡って放ったらかしにしたいのならば、過去、実際に下がった値段まではカバーしたいところですね。

 

3.3無理のない設定を見つけよう

1と2が決まったら、「トラリピ運用試算表」でレンジ幅幅等を調整して、設定を作ります。

f:id:u-n-yo:20190615002406j:image


f:id:u-n-yo:20190615002344j:image

こちらがトラリピ運用試算表の画面です。

アイクの実際の設定です。

これらを全て入力して、「計算スタート」をタップすると、その下に


f:id:u-n-yo:20190615002622j:image


f:id:u-n-yo:20190615002631j:image

というようにトラップ値幅やロスカット値が計算されて表示されます。

 

ここで気にするのは、

  • トラップ値幅
  • ロスカット

の2点です

 

この設定のトラップ値幅は随分と中途半端に感じるかもしれませんが、この理由については次回に回します。

 

ロスカットについては、メキシコペソの過去最低値が4.8円辺りなので+αを入れて約4.5円になるようにしました。

 

ロスカット値の調整は

  1. 1本辺りの通貨量
  2. レンジ内に仕掛ける本数
  3. レンジ幅

この優先順位で調整してすると良いでしょう

間違っても運用予定額で調整しない事

 

トラリピは長期に渡って利益を上げ続けるシステムです。

 

なので、利益を気にするよりは長期投資出来る設定にすることを心掛けましょう。

 

以上で、現在の設定についての紹介を終わります。

この設定を真似してもらっても大いに結構です。

変更する時は必ず記事にします。

 

しかし、投資は自己責任の世界です。

同じ設定にするにしても、なるべくなら自分で考え、その上で設定にしましょう。

マネースクエア

 

明日は今後の方針と、今のところの成績について記事にします。

 

それでは皆で脱ラットレースを目指して頑張りましょう\(^o^)/

 

PVアクセスランキング にほんブログ村