不労所得年200万を作るためのブログ

サラリーマンが資産運用によってお金の入り口を増やすために奮闘します。

長期投資ならインデックスに投資しよう〜後編〜

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

どうも、アイクです😆

昨日紹介したインデックス投資後編です。

前回の記事はこちら

長期投資ならインデックスに投資しよう〜前編〜 - 不労所得年200万を作るためのブログ

 

 

1.インデックス投資のデメリット

インデックス投資のメリット、デメリットは以下の通りでしたね
メリット

  1. 超分散投資である
  2. 少額から取引出来る
  3. 特に意識しなくても複利での運用が出来る
  4. 0になる可能性はほぼ0

デメリット

  1. 持っているだけで手数料が掛かる
  2. 配当金が出ない
  3. 崩し時に悩む

 

今日はデメリットについて解説します😄 

 

1.1 持っているだけで手数料が掛かる

投資信託最大のデメリットと言えるでしょう💦

投資信託はプロにお金を預けて代わりに運用してもらうものだというのは、昨日の記事の通りです。

プロの人も慈善事業ではないので、当然お金を払います(これを信託報酬と言います)🤔

その金額は投資信託によってまちまちで資金の0.1%〜3%くらいまで幅広いです。

信託報酬は運用の結果に関係なく支払われていくものなので、自分が投資したいものの中でなるべく安いものを選ぶようにしましょう👍

 

投資の基本は確実なものを疎かにしない事です

 

1.2 配当金が出ない

これは、メリット3と表裏一体の関係にあります。基本的に利益を最大化したいなら再投資一択です。

 

インデックス投資は基本的に配当金は自動で再投資されます。

 

また、投資信託は途中で必要なだけ売却する事もできるので、利益を圧縮するだけの配当金は考えなくて良いでしょう🤔

 

どうしても配当金が欲しい人は、配当金を出している投資信託もあるので、そちらを購入する事になります。

 

しかし、配当金を出す手間が掛かるので手数料は高めな上、配当金には税金が約20%掛かります。

 

自動的に再投資されるインデックス投資ならこの税金を支払う必要なく再投資できるため、資産が最大化されるのです。

 

1.3 崩し時に悩む

どんな投資でも当てはまりますが、今売るのが正解なのかは私のような素人には分かりません💦

 

売却すると4営業日程でお金が入ってくるので、積み立てつつ、お金が必要になった時に必要なだけ売却する事になるとは思います🤔

 

ふわふわした結論ですみません💦

 

出口戦略については、その時の税制等も絡んでくるので、日々勉強ですね😅

 

以上でインデックス投資の解説を終わります。

 

少しでも参考になれば幸いです。 

 

有名ブロガー水瀬ケンイチさんの書籍やブログも、参考になります。

 

リーマンショックの時に資産がどのようになったのかなど確認してみましょう。

 

お金は寝かせて増やしなさい

お金は寝かせて増やしなさい

 

 

 

それでは皆で脱ラットレースを目指して頑張りましょう\(^o^)/

 

PVアクセスランキング にほんブログ村